バレンタインデーに男の気持ちを掴む秘訣!男に〇〇を与えよう!

f:id:gooblin:20140124212450j:plain

小売店ではチョコ売り合戦が始まろうとしている。バレンタインシーズンがやってきた!

この時期、多くの女性があれこれと考えを巡らせるのではないだろうか。中には考えを巡らせ過ぎて何がいいのかよくわからなくなり迷子になってる人もいるだろう。

想いを寄せる人の気持ちを掴むためならその努力は価値があるものだ。ただ、今一度立ち止まって考えてみて欲しい。この日は女性だけが想いを巡らせるわけではない。実は男だって同様にあれこれ考えるイベントなのだ。

バレンタインデーに好きな人の気持ちを掴むために、男目線でいくつかアドバイスを書くとともにエールを送りたいと思う。

少し長くなってしまったので、「男の心胸などいいから、さっさとアドバイスを教えんか」という方は、リンクで飛べるので3から読んで頂きたい。

目次

  1. バレンタインデーにおける男の心胸
  2. 女性が焦点を当てるべきポイント
  3. 具体的なアドバイス:男には〇〇を与えろ!
  4. バレンタインで女性がしてはいけないこと!
  5. 納得いかない!という人のために

アドバイスを書く前に、先ずはバレンタインデーを前にした男の心情というものを考えてみる。男の考え方を知ってからでも作戦を練るのは遅く無い。

想定としてはごくごく普通のサラリーマン(20代半ば~30代半ば)とする。

スポンサードリンク

1.バレンタインデーにおける男の心胸

f:id:gooblin:20140124212452j:plain

男の僕はいつも思うが、男は賢い生き物ではない。特に恋愛に関しては・・・。ただこの日、男どもの脳みそはフル回転する。先ずは男がどういうことを考えてバレンタインというイベントを過ごすのかを時系列で考えてみる。

バレンタイン前日:俺チョコ貰えるかな?

先ずは単純に貰えるかどうかの妄想を始めてみる。図々しくも、脳みその中では「貰いたい女性順ランキング」を作成する。ここ数週間の記憶を辿り、何となく味覚についての質問はされていないか調べてみる。

この時点ではとてつもなく楽観的なので妄想はどこまでも広がっていく。気になる人から本命チョコを貰い、ムフフな関係になるところまで妄想は羽ばたいて行き、そのまま良い夢を見る。

バレンタイン当日朝:ん?本当に貰えるのだろうか?

少しづつ不安な気持ちも出始める。妄想から抜け出して冷静に考えてみると、そんなに世の中は甘いものではなかったと気が付く。ここで初めて過去のバレンタインデーを振り返ってみる。

通勤途中の満員電車に揺られながら、本命チョコの記憶・義理チョコの記憶・良い思い出・悪い思い出が脳内を駆け巡る。

単純に「チョコ欲しい」という想いもあるので、本命っぽいチョコレートを手渡された時にどう振る舞おうかなどとシュミレーションをする。

同時に昨日に作ってしまったランキングもちらちら脳裏をよぎる。期待と不安の中で何やら新鮮な出社となる。

午前中から昼:女子たちの声が気になり始める

普段と変わらない様子で出社するが、徐々に女子たちの声に敏感になり始める。「〇〇さん」と声をかけらると、全力で平静を装って振り向くように努める。内心は「きたっ」と思うが、全ての神経は平静を装うために使われる。

全く関係ない仕事の話しだった場合には、がっかりしていないように全力で振る舞う。内心はもちろんがっかりしている。

この日、男たちの仕事は2つある。一つは「浮ついた気持ちを表に出さない」ということだ。もう一つは女の子がチョコレートを渡しやすい環境に身を置くことだ。

たとえその行動が不毛に終わろうとも男は健気に努力する。無駄にトイレに出てみたり、給水場でコーヒーを飲んでみたりと、いつでもチョコレートを手渡される空間を作ろうとする。

はっきり言って本職の方はどうでもいい。

昼から退社にかけて:他人との区別を探す

いくつかのチョコをゲットする。そして自分の受け取り方にぎこちなさは無かっただろうかと反芻してみる。デスクに戻ったらメモと一緒に置いてくれていたチョコレートもあるし、直接手渡されたものもある。

女子の更衣室でも、色々と裏話があるのだろうがそれは男も同じこと。「お前はいくつ貰ったのだ。」だの、「誰からもらったのだ。」などという話があったりする。

男たちのセンサーが働くポイントは、複数名の同僚が同じ女性からチョコレートを貰った時だ。自分が貰ったチョコレートと同僚が貰ったチョコレート、全く同じものなのか、どこかに違いがないか探す。同僚に気付かれないように注意しながら比較してみる。

少しでも自分の貰ったチョコレートが優位に立つようなら、男は妄想のスイッチを再びオンにする。中にお手紙などが入っているのかもしれない。中が見たくて見たくて仕方がないが、同僚にもある程度の見栄を張りたいので、何もなかったかのようにカバンにしまう。

そのチョコレートが、普段から親切に接しているような女性に貰ったものだとする。その場合、妄想は20倍くらいに膨れ上がる。

目当ての女性からチョコが無かった場合は、仕事もないのに残業をしようかと考えたりもする。本当に男はバカだ。「恥ずかしがっているのかもしれない。」というかなり確率の低い仮説を採用する。

退社から寝るまで:手紙が入っていないか探す

帰りの電車の中でも色々と思いを巡らせる。自分の振る舞いに問題はなかったかもう一度確認してみる。

家で自分が貰ったいくつかのチョコを前にする。この時間になると、男は少し冷静に考えられるようになる。ホワイトデーに何をするべきかにも考えが及び始める。

必要以上に高級感を醸し出しているチョコレートを目にすると、何やら妙な勘繰りが発動する。海老で鯛を釣ろうとしているのではないか?女性のキャラも加味して、その高級チョコの真意を考えてみる。しかし、考えても結局答えは分からないので取り敢えず食べる。

少しでも気になる人からチョコレートを貰っていると、かなり慎重に吟味を始める。他にチョコをあげた人はいるのか?自分のは手作りだが他の人には?このハート型はいったい何を意味しているのだ?

99%無いと思いつつ、実は自分が見落としているだけでチョコレートの箱に手紙があるのではないか、と何度かチェックしてみる。箱の裏も見てみる。「ま、ないか。」と少しがっかりしながらも、「知っていたのだそんなことは」ということにして眠りにつく。

2.女性が焦点を当てるべきポイント

f:id:gooblin:20140124212448j:plain

男の生態として時系列で上げてみたが、もちろんケースバイケースだ。普段から女性からの人気が高い男はバレンタインだからといって特に気にかけないかもしれないし、モテない男としては一滴の可能性に湧き上がっているかもかもしれない。

彼女がいる男性、結婚している男性、チョコが嫌いな男もいる。

男の種類は色々だが、もしあなたがバレンタインデーをきっかけにアプローチしたい男がいるのなら、焦点を当てるべき点は一つだ。

それは「どうやって妄想させるか!」である。

これがタイトルの〇〇にあたるもので、これさえ与えることができるなら成功率は格段にアップする。

大抵の場合、男の恋は妄想からスタートする。男は妄想に恋をする。女性を客観的に見て得た情報よりも、自分の妄想の中の女性に恋をする生き物なのだ。

では、具体的にどういう行動が男にとって妄想の材料に成り得るのか、そのポイントをいくつか紹介する。

3.具体的なアドバイス:男に妄想を与えるために

f:id:gooblin:20140124212447j:plain

1か月前くらいからさり気無く気のある素振りをちらつかせる

チョコレートは男に妄想をさせるためのトリガーに過ぎない。男に妄想を発動させるためには、ある程度心に「あなた」という存在を落とし込んでおく必要がある。

バレンタイン当日までに、どれくらい下準備ができたかで男の妄想の深さは変わってくる。

注意すべきポイントは「さり気無く」という点だ、男に確信を持たせてはいけない。妄想が入り込む隙間を埋めてしまうからだ。あくまでも、「もしかすると俺のこと・・・」と思わせるに留めておかなければいけない。

笑顔で接することも一つだし、悩み事(無くてもいいが)を相談したりするのもいいかもしれない。あくまでも本番はバレンタインデーである。

当日何度か、「〇〇さん」と名前を呼び仕事のことなどで質問する

バレンタインデー当日は、仕事のことで何度か声をかけてみるといい。ポイントは「〇〇さん」と名前を呼び振り向かせることだ。男に「きたっ」と思わせるのだ。

それだけで男は妄想のスイッチに手を伸ばす。期待外れにも仕事の話しなので男はがっかりするが、それでいい。もしかしてと思わせるだけでいい。妄想のポテンシャルを広げるために使うのだ。

しかし何度もすると気持ちが悪いので、リミットは3回としておこう。

チョコレートにほんの少しだけ他の人との差をつける

ほんの少しだけでいい、他の人とは差をつけたチョコレートを手渡そう。その差に気付くかどうか分からないが、あからさまに差を強調してもいけない。この裁量は微妙だ。

その人のチョコレートだけ手作りにしておくくらいでいい。

もし男が「あれ?」と気が付き、自分だけ特別かもしれないと思わせることができたら妄想はロケットに乗って宇宙に飛んでいく。

手渡すときにソフトタッチを入れる

これは無理にとは言わない。これをさり気無く実行に移せる女性はかなりの手練れだ。そんな女性は男性を口説き落とすためにブログなんて真剣に読んでいないだろう。

もし、あなたがチャレンジするならこの技の効果を知ることになるだろう。チョコレートを手渡すときに、ほんのわずかだけ手を触れる。男はドキッとし、妄想の材料にする。

男はそこまで馬鹿なのか?なんて疑う女性もいることだろう。そうなのだ。そんなことでドキッとしてしまうのだ。ごめんなさい。

メッセージを入れておく

これも本当にちょっとしたものでいい。50文字以内に留めておこう。忘れないでほしい。妄想させるのが目的だ。ただ内容は少し積極的に攻めよう。

気になる相手なら、趣味や興味のあることもある程度知っていると思う。

サッカー観戦が好きな人なら「今度サッカー観に連れていって欲しいな!」とか、

ライブなどに行く人なら「〇〇のライブ前から行きたかったの。今度連れてってほしいな」でいい。

もし勇気が出るなら、「ご飯食べに行きましょう」でもいい。

ここまで来たら、少なくとも気に入られているというのは男も分かっている。安心してほしい、答えさえ与えなければ男は妄想する。少しでも気があれば誘ってくるだろう。

理想はこれら全てを織り込むことだが、全てを完璧にこなす必要はない。妄想させるための材料をちりばめておけたならそれは成功だ。

4.バレンタインで女性がしてはいけないこと!

f:id:gooblin:20140106140246j:plain

反対にしてはいけないことも書いておく。上で触れたアドバイスは全てを完璧にする必要はないが、今度は一つでもしてはいけないことと解釈してほしい!男は妄想から抜け出すと、夢から覚めたかのように冷静になってしまうので是非気を付けていただきたい。

チョコレートに気合いが入り過ぎ

想い入れがあるのは分かるが、自分でも気が付かない内に気合の入り過ぎたチョコレートになっていないだろうか。今一度確認してほしい。

気合いの入り過ぎたチョコレートは妙な雰囲気を放ってしまう。男にとってはハンターに狙われているような感覚になり身構えてしまう。

非常に申し訳ないが、味などほぼ関係ない。チョコレートの微妙な味の違いが分かる男などそうはいない。甘いかどうかくらいのものだ。

よほどまずいチョコで無い限り問題はない。対象が少しでも気になる人なら男は妄想する。気合いが入ったチョコレートは男から妄想を取り上げてしまう結果になり、苦労して作ったにもかかわらずあまり期待通りの効果は得られないだろう。

感想は聞くな

これは絶対に自分から訪ねてはいけない。想いが詰まっているのは分かるが我慢しよう。男に気があるなら、男の方からおいしかったと話題を持ってくる。

あなたをデートに誘うためには仕事以外で話のきっかげが必要だ。そもそも感想を聞かれても男は「うまかった」としか言いようがない。

「好き」はやめておけ

チョコレートに思いを載せて「好きです」というメッセージはあまりお薦めできない。これも男が妄想する機会を奪っていることになるからだ。中学生や高校生ならそれくらいが分かり易くていいのかもしれないが、大人の男にはやめたほうがいい。妄想の入り込む余地が少ない。

ここまで読んでいただいて感謝する。上にあげたアドバイスは全て、男に妄想させるためのテクニックだ。もちろんバレンタインデー以外でも有効だ。とにかく男には自分で考えさせること。そうすれば男の中で勝手に想いが広がっていく。あなたが与えるものは妄想の材料だけでいい。

5.最後に・・・納得いかない!という人のために

f:id:gooblin:20140124212449j:plain

最後まで読んでいただいたにも関わらず「全く役に立たなかったわよ!この役立たずが!」とご立腹の方のために、バレンタイン面白記事をいくつかリンクしておくのでそれで勘弁してほしい。

バレンタインデーのおもしろ昔話ツイートをまとめた

中学の先生が生徒に配った「バレンタインデー」に関する注意書き。

バレンタインデー間近に見かける男性のおもしろ言動ランキング

♡2014年バレンタイン♡かぶる心配なし!何これ欲しい、おもしろチョコ発見!

「男ってバカだね。」そんな風に思った人もいるだろう。正解である。何度も言うが男は賢い生き物ではない、ただそんな男を愛してしまう女性も同様に甘い妄想が好きなのだろうとふと思った。

あなたの恋が実ることを心より祈っている。

合わせてお読みくださいm(__)m

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw