ツイッターで140文字以上ツイートできるサービス「twishort」の使い方!

普段ツイッターでつぶやく内容なんて重要でないものがほとんどだと思います。どこ行ったとか、何食べた、とか他人が見たら「で?」とも思ってくれないような内容です。

ただ、たまにある・・・。本当にたまぁにあります。誰か聞いてくれ!!と気持ちが高ぶり140文字では抑えきれないようなことが・・・。URLを入れてしまって数文字オーバー!短縮URLにするもののまだオーバー!どこを削ろうかと頭を悩ませたりすることが。

そんな時は140文字以上つぶやくことができちゃうサービス「twishort」を利用しましょう!

スポンサードリンク

ツイッターで140文字以上ツイートできちゃう「twishort」使い方!

先ずは”twishort”“にアクセスしてください。

下のページに飛びます。

twishort

自分のツイッターにログインした状態で、「Sign in with Twitter」をクリックします。

twishort

アカウントを利用することを許可しましょう!「連携アプリを認証」をクリックしてください。

twishort

すると、文字をタイプするスペースが現れます。うんうんツイッターよりかなり大きいですね。

twishort

何でも構わないのでつぶやいてみましょう。ここでは187文字になりました。ツイッターではもう無理ですね。書き終えたら矢印の「Post」をクリックしましょう。

twishort

すると下のような画面になります。この段階ですでにツイートは実行されています。

twishort

自分のツイッターのアカウントで確認してみましょう!ちゃんとありますね。140文字を超えた部分についてはリンク先へ飛ぶと読めるようになっています。試しに飛んでみましょう。

twishort

ここではツイッターから一旦ログアウトしてリンク先へ飛びました。他の人からはこう見えるようです。ここからでも返信できるようになってますね。

twishort

非常に簡単にできますね❤

「twishort」を使ってみて感想

英語などでは140文字なんてすぐに超えてしまいますが、日本語は少ない文字数で多くの情報を伝えられるのであまり使う機会は無いかもしれませんが、知っておくと何かと便利ではありそうです。

友人が140文字オーバーしてやきもきしてるところを、さり気無く教えてあげましょう。間違っても「え?お前知らないの?」なんて言わずにさりげなく教えましょう。もしかしたら尊敬されるかもしれません・・・(されないか)。

合わせてどうぞm(__)m

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw