ソフトバンクが人の感情を認識できるロボットを開発!名前は「Pepper」

各社しのぎを削ってロボット技術は日々進歩しております!と改めて思わされたロボットが登場したのでご紹介!

自分で物事を判断できるロボット「Pepper(ペッパー)」をソフトバンクモバイルとアルデバランが共同で開発したそうです。「とうとう来たか!」という感じですね。

スポンサードリンク

ソフトバンクが共同開発で「Pepper」登場!

20140606214828

「鉄腕アトム」みたいな時代が来るのもそう遠くないかもしれませんな。まじで。

パーソナルロボット「Pepper」のすごいところ!!

「Pepper」ちゃんには凄い所が何点かるそうです!

人の言語を理解するそうだ!

この「Pepper」というロボットは最新の音声認識技術を備えているとのことで、人間が話す言葉を理解してコミュニケーションを取ることができます。

「そんなに見つめられたら、僕・・・惚れちゃいます。・・・なぁんてね❤」だそうです(笑)

かなり滑らかに踊るそうだ!

全身に数多くのモーターが設置されており、動画を見る限りではかなり滑らかな動作を実現しています。

今までのロボットと比べても滑らかさは勝っているように思えます。

感情を持っておるそうだ!

胸部に設置されたディプレイの色で感情を表すようです。ロボットに気は使いたくねぇな(笑)

人の感情を理解するそうだ!

話しをしている相手の、表情や声の調子からその人の感情を読み取ろうとする機能を持っているそうです。

無茶無茶、良い話し相手になってくれるかもしれませんね。

自分で色々判断するそうだ!

「Pepper」は独自のアルゴリズムを備えているようで、自分で判断を下して行動に移せるということです。

ネットと繋がっとるそうだ!!

インターネットにアクセスして情報を集めてきたり、クラウドのデータベースとも連携しているようで、人間と比べて情報量が半端ない!

また、アプリケーションで機能を拡張していくことも可能だそうです。

自分で学習する!!!予定だそうだ!

現在はまだ学習機能は無いようですが、人とのコミュニケーションを通じで学習していくようになるとのこと。

とんでもなく賢くなりそう(笑)

どういうことかな?

空気読めるようになったりとかもするのかな?失敗から学んだりとか?

いまは限定的にソフトバンク2店舗で接客しておるようです(笑)これからが楽しみだね

現在は、ソフトバンクの店舗(表参道店・銀座店のみ)で接客(?)をしているようです。これからは全店舗にこの「Pepper」を設置する予定だとか。

将来的にはお客さんの対応もできるようになるようだね。そのうちはソフトバンクの従業員は半分くらい「Pepper」になってたりしてね。

最新ロボット「Pepper」について感想!

今までもロボットの話題はありましたが、気軽に触れ合う機会はなかなかない。デベロッパーの方々の世界でまだ一般人には遠い話題だった印象です。

しかし、この「Pepper」は既に実際の店舗で一般の方と接しています。ロボットと人間の距離が急激に縮まった印象を受けます。

近くのソフトバンクに「Pepper」が設置されたらいってみよう!!

2015年の2月には、一般向けの販売も行われる予定となっています。価格は198,000円(税別)です。

これが高いのか安いのかは人それぞれの価値観なのでしょうが、僕はむちゃむちゃ安いと思っています。

だって・・・・。買えるじゃん!!この値段!

ロボット!!買えるじゃん!!

テクノロジーの進歩はとどまるところを知らないですね。30年後くらいには人型をしたロボットが人間の暮らしに欠かせない存在になっているのかもしれません。

Source:マイナビニュース

合わせてどうぞロボ!

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw