アイデアと技術のコラボ!「可能性をきり開く7つのドア」が素敵すぎ!

可能性をきり開く7つのドア()

ドア・建具メーカ「阿部興業」の創立70周年に合わせて、デザイン事務所「nendo」がデザインした「可能性をきり開く7つのドア」がとっても素敵だったのでご紹介!

ドアの技術とアイデアが結びつくとことで生まれた7種類のドア。どれも質素な素材をベースにしながらユニークさが光る素敵なドアとなっています。

スポンサードリンク

技術とアイデアで「可能性をきり開く7つのドア」

lamp

可能性をきり開く7つのドア(lamp)

ドアと照明器具のコラボレーション。

baby

可能性をきり開く7つのドア(baby)

大人も子供も同じドアから出入りできる。

slide

可能性をきり開く7つのドア(slide)

光や風を取り込める。隣の部屋との繋がりを生み出した。

hang

可能性をきり開く7つのドア(hang)

マグネットシートによりアクセサリーの貼り付けが可能に。収納ができるようになったドア。

kumiko

可能性をきり開く7つのドア(kumiko)

和室の建具に使われている「組子」という技術を活かしたドア。

wall

可能性をきり開く7つのドア(wall)

「棚」や「額縁」がドアを覆うことで壁と馴染んだドア。

corner

可能性をきり開く7つのドア(corner)

部屋のカドに扉を取り付けることで家具のレイアウトに変化をもたらす。ドアが大きく開くことで車椅子での出入りも楽に。

小さな「!」を人に感じてもらうこと。
私たちの日常には、たくさんの小さな「!」が見え隠れしています。
ただ、それに気づかなかったり、気づいても無意識に、
頭の中でリセットしてしまうことが多いのです。
でも、そういうささやかな「!」こそが、
一日一日を、豊かにしてくれているのだと思います。
だから、私たちnendoは、それらをそっとすくい上げ、
わかりやすいカタチにすることで、日常に還元していきたいと考えます。
nendoのデザインに触れた人に、小さな「!」をじわじわっと感じてもらうこと。
それがnendoの仕事です。

目には見えているのですが気にとめないようなこと。nendoはしっかりと「!」をすくい上げてくれています。じわじわ感じさせていただきました。

Source:nendo(seven doors)

インテリアが好きな方のために関連記事をどうぞ。

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw