YouTube動画をブログへ埋め込む時に気を付けたい著作権や規約についてまとめとく!

Youtube
photo by Esther Vargas

面白おかしい動画、可愛い動物動画や心温まる感動動画まで、今やYouTubeは生活に欠かせない存在になっております。このブログでもYouTube動画を紹介した記事をたくさん書いています。これからもYouTubeの動画にはお世話になることと思いますので、YouTube動画をブログ記事に埋め込む際に気を付けておきたい著作権やYouTube規約について、情報をまとめて自分なりの考え方を書いておきます。

ただ、著作権というのは捉え方が非常に難しいと考えています。著作権を持っている人や企業が、権利を侵害されたと思うかどうか、あるいはその権利侵害から不利益を被ったのかどうか、更には動画をブログで使用した側の状況など、ケース・バイ・ケースであることが多いからです。限りなく黒に近いグレーな状況でも問題にならない場合もあれば、限りなく白に近いグレーであっても(あるいは白であっても)、著作権を持っている側がアウトと言えばアウトな場合もあります。

当記事で記載されている情報は、YouTube利用規約や著作権に関して集めた情報を元にぼく自身の考えを述べるものにすぎません。動画を使用する際は自己責任で節度を持った使い方を心掛けたいところです。

目次:

スポンサードリンク

YouTube動画の「埋め込み」は基本的に問題なし!

20150430192525

YouTube動画の「共有」から「埋め込みコード」を選択すると、埋め込み用のコードを取得することができます。一般のユーザーがアップロードしたおもしろ動画などをブログで紹介する際、このコードをブログに貼り付けることは問題なさそうです。

お客様は、YouTubeの事前の書面による承認なく、本サービスまたは本コンテンツのいかなる部分(本コンテンツ(以下に定義します。)を含みますが、これに限られません。)をもいかなる媒体によっても配布しないことに合意します。ただし、YouTubeが、かかる配布を可能にする本サービスの機能(Embeddable Player等)を提供している場合は除きます。

YouTube利用規約

もちろん、YouTubeにアップされた動画を、何らかの方法でダウンロードしてブログに掲載することは禁止されています。

お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。

YouTube利用規約

また、YouTubeでは、アップロードした動画に対して「埋め込みを許可」するかどうかをユーザー側で選択することができます。投稿者はシェアされたくない動画に関して意思表示が可能というわけです。

YouTubeとしても、動画をアップロードしたユーザーとしても、拡散されることに一定のメリットがあると考えられますので、適正な動画のシェアについては問題とはならないと考えていいでしょう。

動画だけを埋め込みまくるのは止めた方がよい!

20150430221826

かつて「YouTube ウェブサイトの商用利用が禁止されるケースと許可されるケース」という項目がYouTubeヘルプにありました。2015年4月にページが削除されてしまいましたが、以下のような言及がありました。

YouTube では利用規約を更新し、ウェブサイトと YouTube 埋め込み型プレーヤーの使用方法としてどのようなことが許可されるかを明確にしました。ブログで時々 YouTube の動画を貼り付けてコメントを付けたり読者に好きな動画を見せたりすること自体は問題ではなく、それが一般向けの広告を含んでいるブログであったとしても YouTube はその行為を禁止しません。ただし、大量の YouTube 動画を埋め込んだだけで、意図的に広告収入を得ようとするだけのウェブサイトは、利用規約に違反しているものと見なします。

「YouTube ウェブサイトの商用利用が禁止されるケースと許可されるケース」

一般向けの広告が表示されるページであっても、記事に動画を埋め込んで紹介する行為をYouTubeは禁止していませんでした。(記事が削除されているので現在はグレーなのかも知れませんが・・・。)

しかし、動画だけを埋め込みまくって広告収入を得ようとする行為は止めた方がよさそうです。あくまでも、動画を紹介するというスタンスでブログへの訪問者とシェアする形にとどめましょう。

著作権を侵害して違法にアップロードされた動画は埋め込んではいけない!

20150430222509

アニメ、映画、音楽など、テレビを撮影しているらしい動画をYouTubeで目にすることがあります。この場合は、たとえYouTubeが提供している埋め込み機能を使うことができても、これらの動画自体が違法なコンテンツなのでブログに埋め込むのは止めましょう。違法にアップロードされた動画はYouTubeから削除されるのでブロガーとしてのメリットもありません。

音楽PVの動画をブログに埋め込みたい場合は、アーティストの公式チャンネルが公開している動画にした方がリスクは少な目です。後述しますが、公式のPVであるからといって著作権の問題が無くなるわけではありません。あくまでも、動画を公開しているアーティストや企業の不利益になりにくいので、著作権の侵害を申告される可能性が低いというだけです。

音楽PVを埋め込む時は公式を使ったほうがよい!

どうしても、著作権の問題を避けてアーティストのPVをブログで埋め込みたい場合はJASRACに許諾を得る必要があります。JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)とは、日本国内における音楽著作権を集中管理している団体です。

音楽関係の著作権は非常に厳しいようです。JASRACのウェブサイトに「動画投稿(共有)サイトにアップロードされている動画をタグ貼付・埋込の方法で外部のサイトで利用する場合」という項目があり、YES・NO形式で動画を利用する方法が記載されています。

JASRACが管理しているアーティストのPVをブログに埋め込む行為は、基本的にはNGのようです。ただ、やはりアーティストが公式にアップしている動画なら問題としない場合が多いとのこと。

また、ブログが商用利用であるのかどうかについて、JASRACの見解も厳しいものとなっています。

個人ブログであってもアフィリエイトを行なっていれば、広告収入があるので、商用と見なしJASRACの許諾が必要

有名アーティストの動画をブログに埋め込んだら使用料を請求されるのか? (1/4)

たとえ、自分が商用利用でブログを運営している自覚がないとしても、何らかのアフィリエイトが認められると商用利用と見なすようですね。

著作権管理サービスを利用している動画の場合!

Copyright license choice
photo by opensource.com

海外のユーザーが投稿したYouTube動画のページに

“To use this video in a commercial player or in broadcasts, please email [email protected]◯◯.com”

という表記をよく見かけるようになりました。動画をアップロードしたYouTubeユーザーがライセンス管理会社に著作権の扱いを委託している場合です。

個人的には、当ブログを商用利用とは判断してはいないですが、

・動画紹介のブログ記事を書くために動画を埋め込みたいと考えている点

・YouTube動画からのスクリーンキャプチャでサムネイル画像を使用する点

をメールで問い合わせるようにしています。

問い合わせメールの返信は数日以内に届くことがほとんどです。一手間をかけてリスクを減らすことができるならと、ぼくは許可を得るようにしています。

著作権管理サービスについて追記:2015/09/05

動画を使用する旨を、何度となくメールで問い合わせても「問題ないよ!」という返信をいただくので、許可を得る必要があるのかどうかを担当者に聞いてみました。

①.YouTubeの埋め込みコードを変更せずに使用するなら問題ない。
YouTubeが提供している埋め込み設定の範囲内なら問題ないそうです。YouTubeから得た埋め込みコードのwidth=”” や height=””(縦横の幅)を変更するのはNGとなります。

②.サムネイルのためにスクリーンショットの画像を使うことは問題ない。
サムネイルに関しては問題ないとのことでした。ただし、YouTube動画のスクリーンショットを記事本文に貼り付けるのはグレーのようです。ライセンス自体は動画をアップロードした人にあるとのことで(管理会社によって異なる可能性もあるが)、ライセンスを持っている人がダメと言えばダメ。

個人的には、管理サービスが関わっている動画の場合はスクリーンショットの画像を記事本文に貼り付けないようにしています。

③.ネガティブな表現がなければ問題ない。

とのことでしたので、最近は許可を得るメールを送らずに紹介させてもらっています。

最後に

「今や多くの個人サイト、ブログがアフィリエイトを導入している。有名曲の歌ってみた系動画が埋め込まれているからといい、それらすべてに対しダメ出しするのは非現実的な話だ。あまりに派手にやっているのは問題があるが……」

 「動画サイトの利用者が増加し、アーティスト側からすると動画サイトがプロモーションの場として利用されている昨今、権利者、投稿者、動画サイト、JASRAC、動画利用者と、それぞれにメリットがもたらされるエコシステムが形成されている。白か黒かで一刀両断に断ずることはできない」

有名アーティストの動画をブログに埋め込んだら使用料を請求されるのか? (3/4)

とJASRACの担当者が答えているように、著作権の考え方は原理原則で白と黒に2分することが難しい領域です。

ぼく自身も、動画や画像をブログで使用する際には「これどうなの?」と思うことが多々あります。個人的な見解としては、他人の創作物を使用させてもらってるのですから、最低限の節度を守った使い方を心がけ、必要に応じて直接著作者の許可を得るということが大切だと考えています。

相手側のいることですから、マナーを大切にしていきたいところであります。

※免責
当記事は、管理人が収集した情報・管理人自身の経験をもとに、個人的な見解を書いたものにすぎません。著作権に関しては自己責任でお願いしつつ、当記事の情報で得た不利益に関して一切の責任は負いかねます。

合わせてどうぞ。

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw