2019年までにiPhoneの全モデルが有機ELを搭載すんじゃね?という噂

2017年に登場予定のiPhone 8には有機ELディスプレが搭載されるのか?という話を飛び越えて2019年のiPhone噂話が出てますね。Appleは2019年までに全てのラインナップで有機ELディスプレを採用するようだと報じられています。


スポンサードリンク(PRIME会員は4,000円OFF)

2019年までにiPhoneの全モデルが有機EL搭載?

韓国のメディア「The Bell」が報じるところによると、2019年のiPhoneの全モデルに有機ELが採用され、そのため、受注元の「Samsung Electro-Mechanics」と「Interflex」ではフレキシブルプリント基盤の生産に力を入れているとのこと。

フレキシブルプリント基板(フレキシブルプリントきばん、フレキシブル基板あるいはFPC(Flexible Printed Circuits))は、プリント基板の一種。柔軟性があり、弱い力で繰り返し変形させることが可能であり、変形した場合にもその電気的特性を維持する特性をもつ。

フレキシブルプリント基板

有機ELの生産に関して、Appleは2017年に6000万ユニット、2018年にはその倍、2019年には全モデルに採用され、完全に有機ELに移行するようだ、とのことです。

有機ELディスプレイのiPhone登場は数年前から継続して言及されており、今回のiPhone 8に有機ELが採用されるなら、供給面が改善され次第移行していくというのは自然な流れに思えますね。

2017年のiPhoneの噂では有機EL搭載のハイエンドと液晶の「s」モデルか?

iPhone関連の噂を追っかけてみると、現段階で濃厚なのは「iPhone 8」とされるハイエンドモデルに有機ELが搭載され、「s」シリーズ(iPhone 7s/iPhone 7s Plus)には液晶ディスプレイが引き続き採用されるようです。

噂なのでどうなるかは分かりませんが、ハイエンド版は物理ホームボタンが無くなったり、端末下部に新しい「ファンクションエリア」なるものが搭載されるなど、話題が盛り上がっています。

Source:The Bell
Via:Apple Aims to Make Every iPhone With an OLED Display by 2019

2017年のiPhone噂を合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw

スポンサードリンク