AlphabetがLoon(気球のネット環境プロジェクト)をインドネシアで始動するらしい

Alphabet(Googleの持ち株会社)は、気球を飛ばしてネット環境を提供するプロジェクトLoonをインドネシアでも実施するようですね。9to5GoogleThe Wall Street Journalの報道として伝えています。

スポンサードリンク

Alphabetがインドネシアで気球を飛ばしてネットにつなげるプロジェクトLoonを始動するらしい

2015-10-30_0619_001

インドネシアの3大キャリアと共に来年初旬からプロジェクトを始動するとのことです。

人口が世界第4位(約2億4000万人)のインドネシアにおいてネット環境が十分に整備されていないこと。1万7千(wikiでは約1万3千)もの大小の島で構成されているので、従来の方法ではネット環境を整備するには時間がかかること。これらがプロジェクトLoonをインドネシアで始める理由だそうです。

Googleは検索サービスを使ってもらってナンボなので、少しでも多くの人にネット環境を提供したいだろうね。インドネシアだって「ネット環境が整えばええなぁ~。」と思っておるだろうね。Win-Winね。

今後もLoonプロジェクトに注目していきたいところです。

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw