【インドネシア】バリ島のアメッドで漁師さんから直接お魚を買って焼いて食ったら旨かったぞ!というお話

インドネシア、バリ島は「アメッド」でゆったりまったりしております。スミニャックやウブドとは打って変わって観光客が少なくリラックスするには最適の街です。観光客よりもインドネシア人の方が圧倒的に目につきますね。どうやらスキューバダイビングがメインの場所みたいだね。

地図ではこの辺。バリ島の北東部です。

そんなアメッドでスキューバダイビングを楽しむわけでもなくのんびりビールを飲みながら過ごしていると、ひょんなことから漁師さんから魚を買って現地の人と晩飯を食べることになりました。むちゃんこ美味しい&楽しかったので記事にしときます。


スポンサードリンク(PRIME会員は4,000円OFF)

バリ島のアメッドで漁師さんから買った魚を焼いて食ったぞ!という話

先ずは漁師さんのところへ連れて行ってもらいました。メガネのおじさんが漁師さん。「Jack Daniel」のタンクトップを着てますが焼酎が似合いそうなおじさんだねw
2016-07-25_2325
画像右の兄さんが案内役の(というかいつの間にか友だちになってた)カーデッさん。

コレで釣るようだね。色んな種類の羽根みたいなのがたくさんありました。
2016-07-25_2316

たくさん魚が入った冷蔵庫からツナをゲット。
2016-07-25_2324

「オレが料理してやるからビールでも飲んでろっ!」とのありがたいお言葉。竹を切り始めるカーデッ氏。
2016-07-25_2327

ああ、なるほど。グサッと。
2016-07-25_2318

ザックザック、ナイフで切り目を入れていきます。
2016-07-25_2322

火を付けた竹炭の上で焼いていきます。
竹炭でツナを焼いた バリ島

カーデッ氏はスパイスの準備を始めました。すげぇ~辛かったよねw
スパイスを作るカーデッ氏

パタパタ扇いだり、ひっくり返したり。魚が旨そう焼けてきました。
ツナ焼けました

カーデッ氏:「嫁さんが家で米を炊いてるんだけど、晩飯に連れて来てもいいか?」と。

ボク:「当たり前だろ!連れて来い!腹減った!」ということで、、、。

カーデッ氏と嫁さんと子どもが晩飯に参加しました。
バリ島アメッドで友だちになった家族

出来上がった晩ごはんがコチラ。旨いんだわホントw
アメッドでのツナ焼き

ナイフやフォークなどはなく、右手だけを使って食べます(左手は使ってはいけないらしい)。ビールと料理を飲み食いしながら宴会になりました。

「ひょんなことから」現地の人といただくディナーはプライスレスだね。どんな良いホテルに泊まってもできないからね。これから更にいい出会いがあることを願いつつ、ふらふらを続けていきたいと思います。

インドネシアふらふらの旅を合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw

スポンサードリンク