巨大な毛ダマが絨毯みたいになった猫さん!はそれでも人間を愛する

あるところに、高齢の男性と暮らしている猫さんがいました。男性は自分のこともままならない状態で、猫さんの世話どころではありませんでした・・・。

ちょっと変わった見た目になってしまった猫さんの物語をご紹介。9才のペルシャ猫「Sinbad」くんがシカゴにある動物シェルター「The Anti-Cruelty Society」にやってきました。

シェルターのスタッフさんは、やってきた猫の姿をみてショックを隠せません。その理由はペルシャ猫の「Sinbad」は自分の毛が絡みまくって、まるでカーペットを背負っているような状態だったからです。

スポンサードリンク

巨大な毛玉を背負った猫さん「Sinbad」のお話

シェルターへきた時の「Sinbad」くん。

猫自身の毛が絡まって巨大なダマを背負っています。ダマというレベルではなく絨毯を背負っている状態だね。

弱っていて、食欲もありませんでしたが、人懐っこい猫さんでした。

毛を刈り取っていくと、毛が猫の体重の半分以上も。

人間に敵意はなくフレンドリーな猫さんだそうで、毛を刈られている1時間もの間じっと大人しくしていたそうです。随分と衰弱していたようで、後ろ足も弱っていたからかもしれません。

一週間後の「Sinbad」くん。

だいぶ元気そうになったね。

シェルターのスタッフ「Elliott」さんは自分の家に「Sinbad」を連れて帰り、世話をすることにしました。

「Sinbad」くんは「Elliott」さんの胸の上で喉をゴロゴロ鳴らしたりと愛情をたっぷり注がれて、、、そのまま「Elliott」さんの家で過ごすことになったそうな。よかったですなっ!

「Elliott」さんは「Sinbad」くんの人懐っこさをみて、感じたことを語ってくれています。

「人間に良い扱いをされなかった時もあるのに、こんなに人間のことが好きな「Sinbad」に驚いています。僕達みんなが学ばなきゃいけないことだね。」

“I’m just astounded at how he just loves people, even though people haven’t always treated him very well, It’s a lesson we could all learn.”

LoveMeow

よかった(´;ω;`)

Source&Images:Elliott Serrano
Via:LoveMeow

合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw