山田詠美『僕は勉強が出来ない』を読んだ!昔を思い出したい大人のための小説

山田詠美「僕は勉強が出来ない」

筆者のあとがきに

「私は、むしろ、この本を大人の方に読んでいただきたいと思う。・・・」

とある通り、大人になってから楽しめる本だと思う。

読み終わったらどこかホッコリとした気持ちになる。大人としてはまだまだ未熟で、世の中について無知であることすら自覚できない。だからといって「子ども」という領域にもすっぽりと嵌まれない。確かに昔感じたことのある特殊な時期を想起させてくれる。

「大人として」過ごすことに少し飽きてしまったときに、「大人として」また読みたいと思った小説。とっても好きな本だった。

関連記事をどうぞ。

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw