火を吹く映像を48個のカメラで撮影した動画がカッコイイ!【Inferno】

口から「ブォ!」と火を吹くパフォーマンスがあります。生で見ると大迫力なんだわ。その火吹きパフォーマンスをとってもカッコ良く、かつクリエイティブに撮影した映像をご紹介。映像ならではの美しさが凝縮されております。

スポンサードリンク

「ブォ!」と火を吹くパフォーマンスを48個のカメラで捉えるとここまでクールになるらしい動画


Inferno – Bullet Time Camera Array from Mitch Martinez on Vimeo.

Mitch Martinez監督によって撮影されたこの「Inferno」という映像作品では、火を吹いたシーンを切り取って多角的に写しています。炎が広がる迫力もさることながら、切り取られた炎のクリエイティブさには圧巻でありました。スローモーションと多角的な静止映像が炎の美しさ際立たせてますね。

カメラをたくさん並べて撮影する「バレットタイム」という技術を使っており、「Inferno」では48個ものカメラを使用したとのこと。映画「マトリックス」の映像技術と同じものだそうです。

クールだな!!

Source:Mitch Martinez
Via:Fstopper

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw