自分の手を3Dアートでスケルトンにしちゃう動画が秀逸かつリアル!「うおっ!」と声出たわ!

動画を見ていて思わず「うおっ!すっげ!」と声に出しちゃったくらい秀逸な3Dアート動画をご紹介。

アーティストのJordan Molinaさんが、自分の手に3Dアートをほどこしていきます。すると、あれよあれよと手が無くなって、仕舞には手首から指の付け根の部分が骨になってしまいます。ホラーチックな描写が嫌いな人はちょいグロ注意でお願いします。アート作品なのでグロくはないですが念のため。

スポンサードリンク

いつの間にか手がスケルトンになる3Dアートが秀逸すぎて「うおっ」!な動画


Source: Artist creates realistic 3D skeleton illusion in his hand by Worsanx on Rumble

手に色を塗りはじめます。白を使って骨のようなものが描かれますが、この段階ではもう一つピンとこない感じ。

2015-07-29_1012

骨の周りを濃いグレーで塗りつぶしはじめます。ここでもまだピンとこないんですね。

2015-07-29_1014

しばらくすると、、、。きゃ~~~!肉が無くなった!

2015-07-29_1016

濃いグレーはバックの色と同化させるためだったんですね。動画のなかで「手」から「スケルトン」になるまでの境界線がはっきりせず、いつの間にか感が衝撃を倍増します。動画を見ていて魔法をかけられた思いであります。

作者のJordan Molinaさんはこの他にも、数多くのアート作品を手がけていらっしゃるので、ご興味のある方はfacebookページを訪問してはいかがでしょう。

3Dアートつながりで合わせてお楽しみ下さい。

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw