iPhone/iPadでChromeの閲覧履歴を削除する方法! と履歴を残さない使い方

iPhoneではあまりないかもしれませんが、iPadを家族共用として使っているご家庭は多いかと思います。楽しくブラウジングをするものの、時には秘密にしたいページへ遊びに行ったりしたいもの。しかし家族にバレないかドキドキ❤

ということで、Chromeの閲覧履歴を削除する方法をご紹介。そもそも閲覧履歴を残さないような使い方もできますの合わせて書いていきます。

スポンサードリンク

iPhone/iPadでChromeの閲覧履歴を削除する方法

まず、Chromeを開いてiPhoneの画面右上にある「メニュー」をタップ。縦に「・・・」となっている部分ですね。

続いて、「履歴」をタップして下さい。

ログインしているデバイスの履歴が表示されますので、「履歴を消去」をタップ。

「閲覧履歴」にチェックをいれて「閲覧履歴の消去」をタップして下さい。

「閲覧履歴の消去」が現れるのでタップ。

「完了」をタップしてページに戻ります。これで閲覧履歴は削除されました。簡単ですね。

Chromeの閲覧履歴を一部選択して削除する方法

上の方法で閲覧履歴を削除できるのですが、PC・スマホ・タブレットをまたいで、ログインしているアカウントの履歴を全て削除してしまいます。ある意味でとっても不自然w 閲覧履歴から消したいものだけを削除する方法も書いとくね。

先程と同じで「メニュー」タップして下さい。

「履歴」をタップします。ここまではさっきと同じ。

閲覧履歴の一部のみを削除したい場合は「編集」をタップ。

履歴の右側に「◯」が出ますので消したいページにチェックを入れます。

この状態で「削除」をタップして下さい。

選択した履歴のみ削除されましたね。「完了」をタップしてページに戻りましょう。

これで、チェックを入れた履歴のみが削除され、閲覧履歴を全部削除して逆にミステリアスな状態を作ることを避けられますw

Chromeで閲覧履歴を残さずWEBページを見る方法【シークレットモード】

Chromeの「シークレットモード」を使うと、そもそも閲覧履歴を残すことなくページを見ることができます。ぼくコッチ派w 消し忘れの心配もないしね。楽ね。

「シークレットモード」を使うとブラウザの履歴、Cookieの保存場所、検索履歴、ダウンロードしたファイルの記録がChromeに保存されません。

Chromeのシークレットモードを開く

「メニュー」をタップします。

「新しいシークレット タブ」をタップ。

「シークレット タブ」が現れます。

シークレットモードの注意点

記録を残さずブラウジングできる便利なChromeの「シークレットモード」ですが、便利なだけではなく注意点も幾つかあります。

パスワードなど地味にめんどい

Chromeでは普段使っているSNSなどのパスワードやIDを保存してくれているので、あらためてログインしなくてもスムーズに使えますが、「シークレットモード」の場合はその都度ログインをしなければならないため地味に面倒くさいです。

ダウンロードした履歴は残らないがファイル自体は残る

「シークレット タブ」を使用して、何かのファイルをダウンロードしても履歴は残りません。しかし、ダウンロードしたファイルそのものは端末に残ります。あくまでもダウンロードしましたよ、という履歴が残らないだけですのでご注意を。

全てが闇に葬られる訳ではないw バレる人にはバレる!

Chromeの「シークレットモード」はあくまでもChromeに履歴が保存されない、というだけで、プロバイダ・仕事場の場合は雇用主・アクセス先のサイトなどにはバレてしまいます。

シークレットモードだからって、仕事場の環境では止めといた方がよさそうですねw 仕事をサボっているのがバレた上に、恥ずかしい秘密も知られてしまうかもしれませんw

合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw