YouTube動画をブログ記事に貼る(埋め込む)方法とサイズ等設定!

YouTube Generation
photo by jonsson

YouTubeでは面白い動画やクオリティの高いアート動画などが毎日アップされています。当ブログ「EASY&EASY」でも自分が面白いと思ったらブログ記事にして紹介しております。

今回はブロガーとしての基礎の基礎とも言えるYouTube動画をブログに貼る(埋め込む)方法をご紹介!バイラルサイトを考えている方には必須とも言えますし、そうでない方でもお気に入りの動画を見つけると人に見せたくなりますよね。


スポンサードリンク(PRIME会員は4,000円OFF)

ブログにYouTube動画を貼り付ける(埋め込む)方法!

他の人の動画を使うのも気が引けるので、ウチの子猫の動画を使用して説明します。まず、YouTubeにアクセスして貼り付けたい動画を見つけ「共有」をクリックします。

YouTube共有ボタン

始めはSNSでの共有ボタンが出てきますので「埋め込みコード」をクリック。

YouTube埋め込みコード

表示された埋め込みコードを

YouTube埋め込みコードをコピー1

コピーします。

YouTube埋め込みコードをコピー2

このコードをブログに貼り付けると動画がブログ上に表れます。(追記:動画を削除したので以下のような表示になってますね。まじゴメン。上の方法で動画の埋め込みは可能です。)

埋め込むYouTube動画のサイズなど設定方法!

YouTubeの動画を埋め込む際、サイズや表示などの設定を変更することができます。上で埋め込んだ動画はデフォルト設定で何もいじっておりません。

「埋め込みコード」の下にある「もっと見る」をクリックしてみてください。

YouTube埋め込み「もっと見る」

すると新たにベロンと表れます。ここで各種設定を行うことができます。

YouTube埋め込み各種設定

サイズの変更!

追記:2017/02/08現在「動画のサイズ ▼」がなくなっていますね。htmlからサイズを変更するしかなさそうだけど、htmlを手で弄るのは微妙なラインです。また、方法を見つけたら追記します。

サイズを変更する方法は「動画のサイズ  ▼」をクリック。

YouTube動画サイズ変更1

サイズを選ぶことができます。

YouTube動画サイズ変更2

自由に大きさを決めたい場合は「カスタム サイズ」をクリックしボックスに数値を入力します。

カスタムサイズ

左側のボックスが横幅 右が縦幅です。

コードを見れば

「width=””」と「height=””」の数値が変わっていることが確認できます。

動画が終わったら関連動画を表示させるかどうかの設定!

デフォルトの設定では、動画が終了すると関連動画が紹介されます。今回使用したコンテンツは子猫の動画ですので猫関連の動画が出てきます。

関連動画の表示

「動画が終わったら関連動画を表示する」のチェックを外すことで動画の再生が終了しても関連動画が出てこないようにすることができます。

プレーヤーのコントロールを表示するかしないかの設定!

「プレーヤーのコントロールを表示する」のチェックを外すと、動画内にマウスを乗せた時の表示が変わります。

チェックあり

プレーヤーのコントロールを表示(チェックあり)

チェックなし

プレーヤーのコントロールを表示(チェックなし)

一時停止や音量などの設定パネルが消えて動画下部がスッキリしているのが分かります。

動画のタイトルとプレーヤーの操作を設定!

「動画のタイトルとプレーヤーの操作を表示する」のチェックを外すと、動画にマウスを置いた時の上部に違いが出ます。

チェックあり

動画のタイトルとプレーヤーの操作を表示する(チェックあり)

チェックなし

動画のタイトルとプレーヤーの操作を表示する(チェックなし)

プレーヤのコントロールのみの表示となり、動画タイトルとシェアボタンが消えましたね。

全部スッキリさせたい!という方は「プレーヤーのコントロールを表示する」と「動画のタイトルとプレーヤーの操作を表示する」のチェックを両方外すとスッキリした動画になりますが、動画を見る側にとっては不親切なような気もしますな。

両方のチェックを外した場合の表示。

両方消した時の表示

マウスを乗せても右下に「YouTube」と表示されるのみでシンプルです。

プライバシー強化モードを有効にするかどうかの設定!

「プライバシー強化モードを有効にする」にチェックを入れると、動画が再生されない限りクッキーは有効にならずYouTube側に訪問者の情報が保存されることはありません。

このオプションを有効にすると、ウェブページの訪問者が動画を再生しない限り、訪問者についての情報は YouTube には保存されません。

動画と再生リストを埋め込む(YouTubeヘルプ)

ということは、普段は動画が埋め込まれたページにアクセスするだけでクッキーが保存されてたという認識でいいのかな?

以上、YouTube動画をブログに埋め込む方法と各種設定方法でした。ぼく自身もYouTube動画を使う機会が多いのでこれから学んだ知識を記事にしてアップしていきたいと思います。お付き合いありがとうござんしたm(__)m

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw

スポンサードリンク