YouTubeアプリで10秒早送り・巻き戻しをする方法!20秒、30秒、もっとイケるでござるよ!

PCでYouTubeを楽しむ時は、キーボードのショートカットを使って5秒や10秒の早送り、巻き戻しなどが使えてとっても便利です。でもスマホやタブレットだと動画下のバーを操作するしか方法がありませんでした。

2017年2月4日のアップデートで、スマホやタブレットのYouTubeアプリでも10秒早送り・巻き戻しが可能になっていますので、使い方を書いておきます。コレは素敵機能搭載ですぞ!

バージョン 12.04 の新機能
• 動画プレーヤーの左右をダブルタップして、簡単に 10 秒の巻き戻し / 早送りができます。
• iPad の場合、[ライブラリ] タブが 2 列表示の新しいレイアウトで表示されます

YouTube – 映画、音楽 と クリップ


スポンサードリンク(PRIME会員は4,000円OFF)

YouTubeアプリで10秒早送り・巻き戻しをする方法!

YouTubeアプリで10秒早送り・巻き戻しをする方法はとっても簡単です。動画右半分のどこかをダブルタップすると10秒早送り、左半分をタブルタップすると10秒巻き戻しとなります。

どこでもいいので、動画の左半分をタタンっ!と2回タップすると。

「◀◀◀ 10秒」と表示され10秒戻ります。

同じように、どこでもいいので動画右半分をダブルタップすると。

「▶▶▶ 10秒」と表示され10秒早送りすることができます。

おいおい、20秒とか30秒も可能だぞおいw

色々といじってみて発見しましたが、早送り・巻き戻しが10秒に限定されているわけではないですね。ダブルタップで10秒進む(戻る)が可能ですが、タップしまくるとどこまでもいけますw

20秒進めるには、動画右半分を3回タップします。タタタンっと。

少し見にくいですが「▶▶▶ 20秒」を表示され、早送りされています。

どうやら連続でタップすることでどこまでもイケるようだね。50秒早送り。

70秒早送り。

120秒の早送り(何回タップしたか忘れたw)

10秒以上の巻き戻しも、同じ要領で動画左半分を連続タップすることで可能です。

これは便利だわw まだ、早送り・巻き戻しの機能が使えない方はアップデートしてみてください。

ダウンロード
YouTube(iOS)
YouTube(Android)

YouTubeをパソコンで見る時に便利なショートカットも

どうせだから、パソコンで使える便利なショートカット一覧も置いときますね。

  • 再生・停止:「スペース」or「K」
  • 5秒進める:「→」
  • 5秒戻す「←」
  • 10秒進める:「L」
  • 10秒戻る:「J」
  • 任意の場所へ飛ぶ:「1~9」
  • 動画の先頭へ:「home」or「0」
  • 動画の最後へ:「end」
  • 音量を上げる:「↑」
  • 音量を下げる:「↓」
  • ミュートと解除:「M」
  • フルスクリーンと解除:「F」or「ESCAPE」
  • 検索ボックスへ飛ぶ:「/(スラッシュ)」

分かりにくい方は詳しく説明しているページがありますのでコチラからどうぞ → 「YouTubeで便利なショートカットキー(キーボード操作)13個まとめとくね

All Images:YouTube

YouTube使い方を合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw

スポンサードリンク