iPhone/iPadでカメラの撮影モードを保持する(自動変更しない)設定方法。いつ開いても同じモードから!

iPhoneのカメラには「写真」や「パノラマ」など色んな撮影モードがありますが、どの撮影モードを使う頻度が高いですか?「写真」以外の撮影モードを頻繁に使用する方にオススメの設定をご紹介。

iPhoneのカメラアプリでは、一定時間が経過するとアプリを開いく度に「写真」モードとして起動します。カメラアプリで「ビデオ」を頻繁に使いたい方にとっては、カメラを開く度に「ビデオ」へと撮影モードを切り換える必要があるので面倒です。「iOS 10.2」から撮影モードの設定を保持することができるようになっています。一度簡単な設定をしておくだけで、重なるプチ面倒から開放されるので便利ですよ。

スポンサードリンク

iPhone/iPadでカメラの撮影モードを保持する設定方法

スクリーンショットではiPhoneの画面を使用していますが、iPadでも同様の手順で設定が可能です。

撮影モードを保持するために、まず「設定」を開いてください。

下へスクロースして「写真とカメラ」をタップ

また下にスクロール。「カメラ」の項目にある「設定を保持」をタップ。

「カメラモード」をオンにしておきます。

説明に「自動的に”写真”モードに戻らずに、最後に使ったモード(”ビデオ”や”スクエア”など)を保持します。」と書いてありますね。

これでいつカメラアプリを開いても最後に使用した撮影モードから始められます。ビデオを撮ることが好きな人は「ビデオ」でカメラアプリを閉じて、

しばらくしてから「撮影チャンスや!」ということでカメラアプリを起動しても、

再び「ビデオ」から始まります。

写真好きな方で、iPhone 7 Plusのポートレートモードがお気に入り!!という人は嬉しいんじゃないか?

iPhone使い方を合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw