【iPhone/iPad】写真を撮る時に明るさを調整する方法!

iPhoneやiPadでは、写真を撮る時に明るさとピントを自動で調節してくれます。アプリを開くだけで写真が撮れるので便利ではあるのですが、ボケたりピントが合ったり、明るくなったり暗くなったり、と忙しない感も否めません。

明るさとピントをロックし、自分で調整して写真を撮ってみると、意外にも思い通りの写真が撮りやすくなりました。ということで、iPhone/iPad Airで写真を撮る時に明暗を調整する方法をご紹介。カメラアプリを開いて画面を長押しするだけで設定が可能ですので、簡単に調節することができます。

スポンサードリンク

iPhone/iPadで写真を撮るときに明るさを自分で調節する方法!

先ずは、カメラアプリを開いて、被写体にカメラを向けましょう。下の写真はピントと明るさを自動で合わせて撮影したものです。
2015-07-16_1725

どこでもいいので画面上を長押ししてみてください。今回は画面の左上を長押し。長押しした場所に、ピントと明るさを合わせてロックした状態です。
2015-07-16_1728
画面の上部に「AE/AFロック」と表示され、長押ししたところには黄色い四角と「☀」マークがありますね。見にくいね。ごめん。AEとは、明るさを固定すること。AFとは、ピントを固定することです。

この状態で上下にスワイプすることで、明暗の調節をすることができます。画面上のどこをスワイプしても構いません。
2015-07-16_1731

上にスワイプすると「☀」マークも上に移動し、画面上の明るさが増します。つまり、暗い所で写真を撮る時用ですね。
2015-07-16_1734

今度は下へググっとスワイプしてみます。
2015-07-16_1744
クマ吉も暗くなしました。

この状態でスマホのカメラを動かしても、明暗とピントの設定はロックされているので、自動でコロコロ変わることがありません。

自分好みの写真を取りたい時や、iPhone/iPadが思った通りに対応してくれない時などに便利な機能ですので是非使ってみてください。

合わせてどうぞm(__)m

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw