iPhoneの低電力モードとは?と設定方法! 機能を抑えてバッテリー駆動時間アップ

最近、iPhoneのバッテリーアイコンが黄色になってるのを発見して「あら?ん?何ぞコレ?」という事になりました。ただ単に低電力モードになっていただけなのですが、勉強も兼ねて「低電力モード」について、と「低電力モードにする方法」を記事にしておきます。

スポンサードリンク

iPhoneでの低電力モードとは?


image by Kārlis Dambrāns

iPhoneの低電力モードとは、幾つかの機能を制限することで端末の消費電力を抑え、通常のモードでiPhoneを使用している時よりもバッテリー駆動時間を長くできるモードです。機能を制限するので処理に時間がかかったり、タスクによっては低電力モードをオフにするかiPhoneを80%以上充電しないと実行できないものもあります。

ちなみに、「低電力モード」はiPhoneでのみ使える機能でiPadにはありません。

iPhoneを低電力モードで使うとバッテリー駆動時間は伸びるが一部機能は制限される

Appleの説明(iPhone で低電力モードを使ってバッテリーを長持ちさせる)によると、以下の機能に影響、あるいは制限がかかるとのこと。

  • メールの取得
  • “Hey Siri”
  • 自動ダウンロード
  • 一部のビジュアルエフェクト
  • 自動ロック (デフォルトは 30 秒後)

この他にも、画面のライトが少し暗くなったり、ネット接続のスピードが遅くなったりするようですね。

iPhone右上のバッテリーアイコンが黄色で表示される

iPhoneが低電力モードになっていると、端末右上のバッテリーアイコンが黄色になります。

iPhoneで低電力モードを設定する方法

iPhoneのスクリーンショットを使用して「低電力モード」にする方法を説明していきます。

低電力モードの設定方法

iPhoneの「設定(歯車)」アイコンをタップしてください。

次に少し下へスクロールして「バッテリー」をタップ。

「低電力モード」がオフになっていると思うので。

オンに。「低電力モード」をオンにするとバッテリーが黄色になり、少しだけ画面が暗くなりました。

バッテリー残量が20%を切ると「低電力モード」にするか聞かれる

iPhoneのバッテリー残量が20%を切ると、「バッテリー残量が少なくなっています」と表示され、低電力モードにするかどうか聞かれます。「低電力モード」をタップすると。

右上のバッテリーアイコンが黄色になり、低電力モードとなります。

「設定」を開いて確認してみようか。「低電力モード」になってますね。

「低電力モード」をOFFにしたい場合は、設定時の逆、「設定(歯車)」→「バッテリー」→「低電力モード」をオフにすると可能です。

「うわ!やべぇ!バッテリー残量まだ余裕あるけどいつ充電できるわかんね!節約せねば!!」という時に便利だね。

iPhone使い方を合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw