【iOS 10】iPhone/iPadを「拡大鏡」として使う方法!小さい文字でもスラスーラよ!

iOS 10から「拡大鏡」が搭載されたのを先日知って、色々と遊んでいたところ、必要な人にとっては良い機能だと感じたので記事にしておきます。

老眼のおじさま、おばさまは使いこなすことで助かる場面が多いんじゃないかな。


スポンサードリンク(PRIME会員は4,000円OFF)

iOS 10の拡大鏡とは?

iOS 10からiPhone/iPadに備わった「拡大鏡」の機能とは、デジタル画像を拡大して見ることができる簡易的な虫眼鏡です。

iPhone/iPadのカメラアプリでもズームして使うことは可能ですが、カメラアプリで写真を撮って、写真アプリを開いて・・・となるとルーペとしては使う気もしません。「拡大鏡」は「ホームボタン」から簡単に起動できるので便利ですね。

小さすぎて文字が読みづらい時、なんらかの対象物を細部まで観察したい時、遠くの見えにくいモノをズームして見たい時などに便利な機能です。

【iOS 10】iPhone/iPadで「拡大鏡」を使う方法

iPhone/iPadで「拡大鏡」を使うには簡単な設定が必要です。「設定」をタップ。

続いて「一般」をタップします。

「アクセシビリティ」をタップ。

「拡大鏡」をタップ。

「拡大鏡」の項目をオンにしてください。

この設定を済ませておけば、以降は「ホームボタン」を3回連続で押すことで、「拡大鏡」の機能をすぐに使うことができます。

【iOS 10】iPhone/iPadで「拡大鏡」の使い方!

使い方は非常に簡単。ホームボタンを連続で3回押すと、

「拡大鏡」が起動します。

①:ズームしたり戻したり(2本指でのピンチイン・アウトも可能)。
②:ライトをつけることもできる。
③:オンにしておくと、タップした箇所に焦点を合わせられる。
④:静止画を撮影する。
⑤:明るさ、コントラスト、カラーの調整が可能。

小さな文字を読む時に

うわぁ~~小さい!と読む気を無くす前に。

拡大してみたり。

対象物をドアップで見たい時に

可愛い猫ちゃんのお鼻を・・・。

ドアップで観察してみたり。

くらい時にもライトがつくので読める

暗がりで認識したい文字なども。

ライトをつけて

拡大してみたり

実際に使うのは、小さい文字を読むときだろうね。

対象物をアップするには少しボケてしまってあまり利点は少ない気もしますので、実際には、小さな文字を読む時に使うことになりそうです。

合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw

スポンサードリンク