【実験動画】iPhone 6sはどの程度頑丈になるの?強度は増すが値段も上がりそうだ!

iPhone 6は曲がりやす過ぎてポケットに入れてるだけで曲がった!まいった!というのは結構な話題となり、「ベンドゲート」などと事件扱いされてしまう始末でした。

これに対応してAppleの次期iPhone、iPhone 6sでは7000シリーズアルミニウムという素材を使い背面の強化を図るのでは?というのが噂になっていました。で、実際に7000シリーズアルミニウムが使われたらどうなのよ?と成分を測ったり、強度を実験している動画をYouTubeチャンネルのUnbox Therapyさんがアップしておられます。

スポンサードリンク

iPhone 6sはかなり頑丈に!そして結構高くなるかも?


iPhone 6S Aluminum Bend Test

この実験動画によると、iPhone 6の背面部分は約30poundsで折れ曲がったのに対し、iPhone 6sは2倍以上の圧力に耐えています。つまり、曲がり難くなった!

iPhone 6では数値が30前後で曲がり始めます。
2015-08-20_0447

それに対してiPhone 6sでは数値が80を超えても、少し丸みを帯びるも明らかな曲がりは確認できず。
2015-08-20_0450

曲がりにくくなった!!どうやらiPhone 6sは結構強い子として登場する可能性がたかそうです。しかし、製品化が容易な6000シリーズと異なり、7000シリーズは入手が難しいようでコストが結構掛かるのでは?ということです。

iPhone 6sつながりで合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw