本好き喜べ!講談社の書籍やコミックで「じぶん書店」を作れるサービスが4月にリリースされっぞ!

日本でも電子書籍の波はジワリジワリと広がっています。とは言え、「電子書籍がでたぁ!!」と賑わった当初に持ってた印象よりも、そこまで盛り上がってないような・・・というのが正直な所だね。

講談社が面白い企画を立ち上げようとしているのでご紹介。2017年4月にリリースされる新しいサービス「じぶん書店」では、スマホを使ってお気に入りの電子書籍を販売することができます。

スポンサードリンク

講談社の書籍・コミックを売れる「じぶん書店」サービスが4月にリリース

書店開設を希望するユーザーは、会員登録後、講談社の32,000点にのぼるタイトルから売りたい書籍を選び、推薦コメントを入れるだけで自分の電子本屋さんを開設可能とのこと。ちなみに費用は一切かからず、スマートフォンだけあれば書店の開設ができます。

また、ブラウザベースのサービスなので、アプリを介さずに試し読みや購入(会員登録後)もできるそうです。

スマホだけで自分の本屋さんかぁ・・・いいんじゃないか!?

もちろん「じぶん書店」で売れたらアフィリエイトも!

「じぶん書店」は電子書籍の書店なので、本を売って稼ぐ仕組みもあります。電子書籍が売れた場合、10%のアフィリエイトコインが振り出され、コインは電子書籍の購入、書店の拡張、ポイントやマイルと交換、に使うことができるそうです。

現金として振り込まれるとは書かれていませんが、アフィリエイトで10%のバックは大きいですね。

作家さんや編集者の書店もオープンするってよ

また、「じぶん書店」のサービスリリースと同時に、作家さんの書店や編集者の書店もオープンするとのこと。

自分の好きな作家さんが開設している電子書店なら、その人の気に入っている本がズラ~と並ぶと思われます。お気に入りの作家がオススメしている本を読みたい人は少なくなさそう。

ん、面白い企画ですね。当ブログでもKindleのセール情報を発信しており、そういう意味では「プチじぶん本屋」なわけですが、本屋さんをしている自覚はあまり・・・というか全くありません。リリースされたら開設してみたいですね。自分の電子本棚作りたいw

合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw