本格タイ料理店「クンテープ」のレトルト「グリーンカレー」旨し!タイ好きは是非試せカップ!

ついこの間行ってきたタイ料理屋さん「クンテープ道頓堀本店」が美味しかったので、本店で購入できるレトルトのカレーも買ってきました。

「グリーンカレー」と「マッサマンカレー」のレトルトを食べて、コレまた美味しかったので記事にしておくね。特に、好みだったのはグリーンカレーですね。コクうま&辛うまをお求めの方は是非お試しください。あと、タイ好きの人ねw 

スポンサードリンク

本格タイ料理屋さん「クンテープ」のレトルト「グリーンカレー」は食え!是非お試しあれカップ!

「グリーンカレー」メインで記事にしてくね。コチラが「クンテープ道頓堀本店」のレトルト版グリーンカレー。

「タイ国政府認定レストランならではの本格タイ料理の真髄が味わえます!」

タイ国政府認定レストラン・・・w? そんな認定あるんだなw

箱から取り出すとシンプルな袋。

電子レンジでチンは具が破損することがあるので、このまま沸騰したお湯にぶち込めと。

危うくチンするところでした。セーフ。

お湯を沸かして、

ぶち込みましょう。

このまま5分くらい放置します。「マッサマンカレー」もあるので袋が2つね。

袋がずいぶん熱くなってしまうのでハサミで開けましょう。

「グリーンカレー」はシャバシャバなので、そのままご飯にかけるより別のお椀に入れた方がいいですね。

スープのみ。

うーん、香菜のいい匂い。

スープ掬ってみようか。ちょっとボケててごめんm(__)m

日本のカレーライスはドロっとしてますが、海外のカレーは大抵サラッと系です。カレーとご飯を一緒に入れちゃうと雑炊のようになってしまうので別のお椀でね。

スープを啜ると、何種類か分かりませんがスパイスの風味とコクのある旨味が舌をなぞった!と思いきやガーンと辛いさが攻めてきます。日本人にも遠慮のないタイの辛さが嬉しくてそして美味しいですね。

具を掬ってみようか。

鶏肉と筍。鶏肉はホロホロと崩れるくらい煮込まれてますが、筍の食感はしっかりシャクシャクです。

食べ終わった後はしばらく唇のヒリヒリがタイの余韻を残してくれますw あとじんわり湧き出た汗もw

辛いのが苦手な人は「マッサマンカレー」がオススメかもしれないね。辛さは控えめで、旨味がありほんのり甘さも感じました。

あと贅沢をいうなら、やっぱりタイ米の方が合いますね。パサパサしたタイ米の方がスプーンで米を取りやすいし、タイ米独特の風味もカレーに会うことを確認しました。

「マッサマンカレー」の箱にも面白いことが書いてますねw

「世界で最も美味しい料理ランキング50で1位に選ばれたことがあるんだw へぇ~

「クンテープ」のお店でも美味しかったですが、レトルトのカレーも本格的なタイ風味を味わえますね。タイ好きの人にはオススメですぞ!

タイの「食」つながりで合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw