ウチの子猫が照明の紐に引っかかってもがいてた・・・。

照明のヒモ

朝6時ぐらいでしょうか。

「にゃぁ~~~~!」「うにゃにゃぁ~~~~~!」「うにゃんうにゃん!」

と妙な鳴き声が聞こえてくるのです。うちにいる子猫のアロイ↓

この子もとうとうサカリ始めたか、などと思っていたらどうも様子がおかしい。なんじゃ?と思って、まだ9割閉じている瞼を頑張って開いて見に行くと・・・・。

スポンサードリンク

ウチの子猫の「アロイ」ちゃんが照明のヒモに引っかかってもがいていました!

室内照明のヒモ(電気を付けたり消したりするヒモ)が爪と爪の間に入り込んでしまい、取れずに助けを求めていたのでした。

照明のヒモは、寝転んだ状態で付けたり消するために長さ調節が可能で、丁度いい高さでプラプラしておったわけですが、そのプラプラで遊んだわいいものの爪の間に掴む部分が挟まったということのようです。

イメージ図

2015-07-21_1003

はじめは痛かったらくし、びっこを引いて歩くもので心配したのですが、1時間位不貞寝をかました後は無事元気になりました。現在の様子↓

子猫アロイ寝る

留守の間じゃなくてよかったと思いつつ、子猫も人間の子ども同様、なかなか予測不可能なところでトラブルに巻き込まれるらくし、まだまだ注意してみてやらんといかんと思うのでした。

こういうこともあるらしいので、溺愛している子猫ちゃんがいるご家庭でも気をつけてやって下さい。

猫つながりで合わせてどうぞm(__)m

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw