2017年のiPadは10~10.5インチモデルが加わり3モデル展開か?という噂

KGI証券のアナリスト「Ming-Chi Kuo」氏が、iPadのラインナップに関して、新しいリサーチ・レポートを公開していますね。

スポンサードリンク

2017年のiPadは10~10.5インチが加わった3モデル展開か?という噂

同氏によると、Appleが2017年に発表するiPadシリーズは、12.9インチ・10~10.5インチ・9.7インチの3モデルで展開されるとのこと。

12.9インチのiPad Proは現モデルの2世代機として、10~10.5インチモデルはハイエンドモデルとして登場し、TSMC製のA10Xチップが搭載されるとのこと。10~10.5インチのモデルはベゼルが狭くなるとも言及してますね。

一方、9.7インチモデルのiPadはローエンドモデルとして販売され、Samsung製のA9(A9Xの間違いでは?と思う)チップが搭載となるとのことです。

真ん中サイズのiPadのインチ数に関しては、同氏の予測も変わったり、他のところからも色んな噂が出ていることから、Appleもまだ最終決定には至ってないのかもしれません。

でもまぁ、出てくるぞw 真ん中サイズのiPad!この予測は硬そうだね。

Source:MacRumors(Size of Apple’s New ‘High End’ iPad Pro Model Said to be Between 10 and 10.5-Inches)

合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw