次期iPhoneはお値段1,000ドル(約11万2千円)超え?という噂

iPhoneの誕生から10週年を迎え究極のiPhoneが登場する?とワイワイ賑わっていますが、お値段も究極になってくるかもしれません。「Fast Company」がAppleの計画に詳しいソース元からの情報として、2017年のiPhone(iPhone 8?)は1,000ドル(約11万2千円)を突破してくるのではと伝えています。


スポンサードリンク(PRIME会員は4,000円OFF)

2017年の10周年iPhoneはお値段も究極で1,000ドル超えか?


※画像はイメージ

現在、iPhoneのラインナップは649ドルから969ドルですが、ここから更に値段が上がり1,000ドルを突破するのではないかとのことです。

前々から有機ELの供給面が課題と言われていたので、5.8インチのiPhoneに有機ELが搭載されるとなるとお値段が上がっちゃうのも仕方ないかもしれないね。

3Dセンサーテクノロジーとやらが搭載されるらしい

また、「Fast Company」によると、時期iPhoneには「3D sensor technology」が搭載されるとのことです。

「3D sensor technology」をどう使うのかはまだ明らかではありませんが、顔認証やカメラ、ARのアプリケーションに利用されるのではないか、とのことです。

iPhoneで合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw

スポンサードリンク