関西国際空港からデンパサール(バリ島)までの道中を書いていきまする

2016-07-16_1505

今、バリ島のウブドにいます。ちょっと体調を崩して寝込んでましたが、少しずつ復活してきているのでボチボチブログの方も更新していけたらと思います。

始めてLCC(AirAsia)を使ってワクワクしちゃったので、関西国際空港からデンパサール(バリ島)までの道中を記事にしていきますね。関西国際空港→クアラルンプール(マレーシア)→デンパサール(インドネシア・バリ)の1回乗り継ぎです。

スポンサードリンク

関西国際空港からデンパサール(バリ島)までの道中を書いてきますぞ

関西国際空港に到着。取り敢えず、デンパサールの空港からホテルまでのタクシー代+αはルピアに換金しておくことに。
関空の換金所

5,000円を換金すると450,000ルピアに。
関西国際空港の換金所 ルピア
現在のレートで、1円が約125ルピアですのでかなり足元を見たレートになってるなw

ウェブチェックインは済ましているので、そのままAirAsiaのカウンターへ。 
関西国際空港 airasiaのカウンター
荷物を預け、チケットをもらい出国。ウェブチェックイン便利でいいねw

初めてのLCCにちょっとワクワクしながら乗り込むと、当然ながらテレビないぜ!
機内
ダウンロードしてタブレットで映画を観ている人が多かったですね。なるほど。いい手だな。

機内食は別途購入可能。関西国際空港からクアラルンプールまでの機内食は円での支払いもOK。メニューを見ていると物凄く目を引いた料理があったので注文しました。
ナシ・ケラブ
青いご飯とチキン。ソースはかなりスパイシーです。青色のご飯は「ナシ・ケラブ」というマレーシアの伝統料理みたいだね。ファンキーな見た目の割に、人生で食べた機内食のなかでナンバー3に入るくらい旨いw
機内食・ナシ・ケラブ
因みに、支払いは最低1,000円から、お釣りはリンギット(マレーシアの通過)とのことだったで1,000円ギリギリになるように注文しました。食事とドリンク、プリングルスも注文してお釣りが1リンギット。親戚の子どもにあげようw

クアラルンプールでの乗り継ぎが少し分かりづらくて困りました。降りてそのまま違うゲートに行くものだと思っていたら、乗り継ぎカウンターで荷物検査をされて(ここまで行くのも結構困ったw)出発のロビーに入る前にもう一度荷物検査が必要でした。乗り継ぎエリアではカードが使えず現金のみ。1リンギット(25円くらいOrz)しか持ち合わせがないので水も買えないw

こちらはクアラルンプールの空港にあるトイレ。
クアラルンプールのトイレ
お祈り用のスペースでしょうね。非常に興味深い。

クアラルンプールからデンパサールの機内食。インドネシア料理はこれからいくらでも食べられるのでタイ料理を食ってみました。
機内食 タイ料理
55,000ルピア(440円くらい)。こちらは特別旨いわけでも不味いわけでもないw 関西国際空港でちょっとでも換金しておいてよかったですね。水も飲めないところだったw

デンパサールの入国審査を済ましてゲートを出ると換金所とSIM屋さんがありました。今のところバリのダウンタウンとウブドの換金所しかチェックできてませんが、空港の換金所はそんなに悪くないレートで換金できますね。
デンパサール 換金所

SIM屋さんでSIMカード(通話とデータ通信)を購入。結構高いなw
バリ デンパサール SIM
しかもお金を払って設定が済んだあとに、「バリ」でしか使えないっぽい発言を・・・。島の外に出たら無理ってことなのかな・・・? 先に言って欲しかったですなw

ただ、通信速度はホテルのWi-Fiとは比べ物にならないくらい早いのでありがたいですね。

という感じで始まったこの東南アジアふらふら2ヶ月間の旅。ですが今のところは楽しめております。

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw