この発想は無かった!1本の木を一つの家具に育てる農家が面白アイデアすぎる!

常識をぶっ飛ばす素敵な農家さんが話題となっていたのでご紹介。イングランドのとある農家では1本1本の木を、なんと一つの「家具」として育ててしまいます。「家具を育てる」なんて発想は思いもしなかったですね。

スポンサードリンク

「家具」を育て、「家具」として収穫する農家が素敵過ぎる!


The Furniture Farmer | That’s Amazing on YouTube

コチラの男性が家具農家(?)の「Gavin Munro」さん。

「I grow furnitures(家具を育てています)」。

このように植物に接ぎ木したり、固定したりして、家具の形に育てていきます。

育てている家具はイス、ランプ、テーブルなど。

イス

ランプ

植物の種類によるそうですが、一つのイスを作るのに5年から10年の年月が必要とのこと。長い時間のように感じますね。

ただ、家具を育てるという発想に至った理由が面白くてですね。少なくとも50年をかけて育てた木を、切り倒して、小さな断片に切り分けて、それらを組み合わせる。という従来の方法を考えると、「家具を育てる」方が早いということのようです。

50年というタイムスパンを考えると、5年から10年というのは「短い」と・・・。確かに。

収穫後はヤスリで擦り、形を整えて仕上げます。

一つのピースから出来上がっているので、強度は普通のイスよりもあるそうです。

スーパーエコな点も素敵ですが、発想が大好きでしたね。木材を加工して家具を作るのではなく、家具を育てる。この発想は一切なかったですねw

「今日はイスの収穫に行くぞ!」といった会話があるんだろうねw あぁ、素敵すぎるw

Source&Images:YouTube(The Furniture Farmer | That’s Amazing)

アイデア満載なインテリアを合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw