iPhone/iPadで小さい文字サイズに困ったら「ズーム機能」が便利!使い方や注意点も

最近、カメラで撮ったデジタル画像を拡大して見る、「拡大鏡」の機能を記事にしましたが、「ズーム機能」の方が小さな文字を見る時には便利だったのでご紹介。

単純にiPhone/iPadのディスプレイをズームする機能ですので、小さい文字にお困りの時は是非試してみてください。スマホに特化したスタイルのページなど、ピンチイン・ピンチアウトが出来ない場合などにも活躍しますよ。

「ズーム機能」を使うと選択された枠内を拡大して表示することが出来ます。こんな感じ↓

何でもズームできるのが便利。ホーム画面もズームできますぞ!


スポンサードリンク(PRIME会員は4,000円OFF)

iPhone/iPadの画面を拡大する「ズーム機能」の設定方法やら使い方やら書いてく!

【iPhone/iPad】「ズーム機能」を使うための設定方法

「ズーム機能」を使うには、始めに簡単な設定が必要となります。

先ず、「設定」アイコンをタップします。

続いて「一般」をタップ。

「アクセシビリティ」をタップ。

「ズーム機能」をタップ。

「ズーム機能」をオンにしてください。

設定は以上です。

オンにしたときに「ズーム機能」が起動しちゃうと思うので、画面を3本指でダブルタップして一旦閉じておきましょう。

「ズーム機能」の基本的な使い方や操作方法

iPhoneよりも「ズーム感」が分かりやすかったので、iPadで説明していきます。

iPhone/iPadで「ズーム機能」を起動させるには、3本指で画面をダブルタップします。

「ズーム機能」の停止も3本指のダブルタップで可能です。

ズームされる四角い枠を移動させるには、枠の下側中央にある楕円をドラッグします。

指で抑えているところね。

枠の中身だけを上下左右に動かすには、3本指でドラッグします。

枠内の拡大率を変更するには、ダブルタップ後に、指を離さずに上下にドラッグしましょう。

メニューを開いて「ズーム機能」を調整することもできる

「ズーム機能」ではメニューを開いて、詳細を調節することも可能になっています。ここから、拡大率を変更したり、枠を移動させることもできます。

枠の下側にある赤枠で囲んだ部分を1回タップするとメニューが出てきます。

あるいは、3本指でトリプルタップするとメニューが開きます。

・縮小:「ズーム機能」を停止(枠が消える)
・フルスクリーンズーム:iPhone/iPadの画面全体がズームされる(後述で注意があります)
・レンズサイズを変更:拡大してくれる枠の大きさを変更できる。
・フィルタを選択:枠内を白黒にしたり、低照度にしたりできる。
・コントローラを表示:画面上にコントローラーが表示され、枠を移動できる。

メニューの「フルスクリーンズーム」は少し注意!

メニューから「フルスクリーン」を選択すると、端末の画面全体がズームになります。

通常の「ズーム機能」。

「フルスクリーンズーム」にした状態。

「ズーム機能」で遊んでいる途中に「フルスクリーンズーム」にしたのはいいが、戻り方が分からなくてテンパってしまいましたw 「フルスクリーンズーム」からどうやって戻るのか、知っておけば簡単ですので一応書いとくね。

3本指でトリプルタップしてメニューを出しましょう。

「ウインドウズーム」をタップしてください。

もとに戻りましたね。

小さい文字にお困りの方や、ピンチイン・アウトができないページで使ってみてください。重宝しますぞ

iPhone/iPadの使い方を合わせてどうぞ

スポンサードリンク

シェアしとく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローすると更新状況をチェックできるし、すげぇ喜びますw

スポンサードリンク